カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
RSS
 

夕張メロン誕生物語






北海道中央部よりやや南西に位置し、三方を夕張山系の山々に囲まれた夕張市。明治21年、夕張炭田が発見されてからこの街の発展は始まりました。
当時エネルギーの主流であった石炭は「黒いダイヤ」と呼ばれていました。多くの労働者が全国から集まり、最盛期には10万を超える人々で街はにぎわっていました。
しかし、農業という面から見たときには、夕張は苦労の多い土地でした。火山灰質の夕張の大地に適した作物は限られます。山間地のため、北海道ならではの大規模農業も行えません。雑穀・豆類・アスパラ、長いもなどの野菜を細々と作るだけでは、生活は成り立ちませんでした。
このままでは夕張の農業が衰退してしまう。それでは、大変な苦労をしてこの地を切り拓いてくれた先祖に申し訳が立たない。どうにか農業で生計が立つようにならないか。
農家も、農協も、夕張の技術者や研究員たちも、策を求め、試行錯誤する日々が続いていました。
昭和32年のある日のこと、地区を回っていた、当時の夕張市の農業改良普及員がひとつの果物に出合いました。農家が自宅用に細々と作っていた、「スパイシー」という名のメロンでした。
元々夕張では、水はけの良い土地に適するメロンの栽培に取り組んでいました。大正12年頃から、数種の栽培を試みていましたが、十分な糖度が得られず開発はやがて立ち消えとなっていたのです。スパイシーは、その中の一種でした。
農家が差し出したメロンの見た目は、メロンというよりはウリでした。味も、砂糖をかけないと食べられないほどで、まったく甘みがありません。しかも果肉は赤色です。ネットの張った青い果肉のメロンが主流の時代、ネットのない、赤い果肉の味なしメロンに勝機などないように思えました。
しかし、農業改良普及員はそのメロンに可能性を見いだしました。スパイシーはどのメロンにも負けない、麝香のような甘く芳醇な香りを持っていました。赤い果肉も、見方を変えれば強い個性になります。あとは甘くさえなれば、十分夕張の特産品になる。農家も助かるのではないか。そう考えたのです。
それは、夕張の農業に、一筋の希望の光が差した瞬間でした。





昭和34年、有志が集い、メロンの交配試験が始まりました。専門技術員や農業改良普及員の力を借りてとはいえ、試験場のような設備や種苗会社の協力は一切なく、何もかも自分たちで行わなければなりません。当然、困難の連続でした。
なかでも、一番のポイントとなる、交配に使うメロンの種探しは難航しました。当時日本にあった42種類のメロンの中から候補に選んだのは、抜群の甘さを持つ高級メロン「アールス」でした。苦しい家計の中からお金を捻出し、メロンを買ってきたのもつかのま、市場に出回っているメロンから採れる種はすべて雑種で、原種しか交配には使用できないことを知ります。
しかし、原種はどこの産地にとっても命。門外不出で大切に守られ、分けてくれるところなどそうそうありません。全国の産地や試験場を訪ね歩きましたが、話を聞くどころか、門前払いを食らうことも少なくありませんでした。
それでも農家はあきらめませんでした。手分けして日本中を駆けずり回り、種を分けてくれるように頼み込み続けました。その熱意が通じ、ようやくいくばくかの種を手に入れることができたのです。

昭和35年6月、交配を行い、10個の実を収穫。翌年春から、初の栽培に取り組みました。ここからも、順調にことは進みませんでした。4月でも氷点下を記録する夕張の地では発芽さえも一苦労。せっかく発芽しても、寒さで苗が枯れてしまうのです。
農家は腹巻の中に種を入れ、自らの体温で種を温めました。ようやく芽の出た苗はビニールで二重にも三重にも覆い、北の地の厳しい寒さから守り抜きました。
必死の思いで育てた新品種のメロンは、夏に立派な実をつけました。ジューシーな赤い果肉、うっとりするような豊潤な香り。そしてとろけるような甘み。大衆にも届くようなメロンを、という作り手の予想を遥かに超えるメロンに農家は酔いしれました。
「最高のメロンができた。苦労が報われた」
誰もがそう思いました。みな、自信満々で夕張メロンを集荷場に持ち寄りました。
ところが、予想もしない事態が農家を待ち受けていました。





「重さが足りない」
「ネットがだめだ」
丹精込めて育てた夕張メロンが次々と捨てられていきました。重さやネットをクリアしても、容赦なく包丁が入ります。
「甘さが足りない」
1%でも糖度が足りないと、やはり捨てられました。
すべては、農業改良普及員が作っていた、厳しい出荷規格によるものでした。重さ、ネットの張りだけでなく、当時どこの産地もやっていなかった「甘さ」をも加えた革新的な規格の前に、捨てられた夕張メロンの山ができました。

当然、農家は猛反発しました。血のにじむような苦労をして作ったものを捨てられて、気持ちがいいはずがありません。
しかし、出荷規格が変えられることはありませんでした。厳しい規格は、農業改良普及員が200個以上のメロンを実際に食べ、お茶すらも飲めなくなるほどに舌を荒らして、確かさを検証して作ったものでした。そこまでしたのは、「どんなにいい品種を生み出しても、品質管理が行き届かなければだめになる」と考えたからです。メロンはフルーツの中でも、食べたときにそのおいしさが非常に明確にわかるフルーツです。だからこそ、消費者の立場でおいしくないと思うものは絶対に売ってはいけないと考えたのでした。すべては夕張の農家を、夕張の未来を思うがゆえの決断でした。
「品質管理こそが、産地の命です」
その言葉に、悔しさに震えていた農家は立ち上がりました。
「負けるものか。絶対に規格に合う、最高の夕張メロンを作ってやる!」
夕張メロン専用のハウスを建てました。美しいネットを出すためには光量の調節がものをいいます。日に10回以上シートの上げ下げを行いました。甘さを決めるのは温度管理。昼夜問わず、ビニールを開け閉めして温度の調整を行いました。畑に寝泊りすることさえありました。
一瞬も気を抜けない日々が続きました。
農家の思いは、メロンの質に表れました。姿、香り、味。どれをとっても他に類を見ない、完璧な夕張メロンが実ったのは、その年の8月の終わりのことでした。





生産組合と農協が一体となり、夕張メロンを作り続けていた昭和38年、夕張に大きな嵐が訪れました。炭鉱の閉山です。石炭から石油へのエネルギー革命を受け次々と炭鉱が閉山していく中、夕張の農家たちは生き残りをかけ、新たな挑戦を決めました。販路拡大のための東京への出荷です。
そのためには絶対に超えなければならない高いハードルがありました。輸送の問題です。夕張メロンはすばらしい味わいを持つ反面、熟してからの可食期間が極端に短いフルーツです。当時は東京まで連絡船と鉄道で一週間もかかる時代。どうやって運ぶのか、検討が始まりました。

まず試したのは、2日で届けることのできるトラック便でした。荷台を幌で囲って風通しを良くし荷を発送しましたが、なにせ北海道と違い暑い本州、届いた頃にはメロンは熟し過ぎ、黄色く変色していました。
次に試したのが国鉄の特別便です。海産物を運ぶ冷蔵コンテナをチャーターし、大量の氷で冷やして輸送しました。しかし暑さで氷が溶け、箱は水浸し。届いた夕張メロンは蒸れて売り物になりませんでした。
残された手段は空輸でした。空輸にかかるコストはトラックや鉄道輸送の比ではありません。夕張メロンが売れなければ間違いなく赤字という、とても大きな賭けでした。
夕張の期待と不安を乗せて飛行機は飛び立ちました。そして、収穫したその日に、無事夕張メロンは築地市場に到着しました。
活路を見出した。そう思ったのもつかの間でした。
「これはカボチャですか?」
夕張メロンの周りに集まった仲買人たちは、見たこともない赤い果肉を笑ったのです。どうにか東京まで運んだにもかかわらず、「カボチャメロン」とバカにされ、「こんなものはメロンじゃない」とまで言われる始末。ついた価格はなんと、静岡産の青肉メロンの半値以下。その事実を知り、みな真っ青になりました。





絶体絶命のピンチ。それでも、品質への絶対的な自信は揺らぎませんでした。「この味わいは、いつか認められるはず」。その一心で、厳しい出荷規格を農家は守り続けました。
農協も、その様子をただ見ているだけではありませんでした。夕張メロンのすばらしさをもっと広く知ってもらう方法はないだろうか。考え抜いた末にひらめいたのは、著名人に味わってもらう方法です。
「食べてもらえればわかる。味わってもらっておいしさを広めてもらおう」
今でいう、口コミでの宣伝効果を期待したのです。当時は読売巨人軍の黄金期。北海道でも、札幌・円山球場で巨人戦が行われていました。ここに、夕張メロンをホームラン賞として持ち込むことを決めました。多くの選手に夕張メロンの化粧箱が手渡されました。
この作戦が当たりました。ある選手が、「北海道の楽しみは海産物と夕張メロン」と話したことをマスコミが取り上げたのです。知名度は一気に上昇。東京の有名デパートがギフト商品として取り扱ってくれることになりました。これで一安心、誰もがそう思いました。

ところが扱いを初めて間もなく、農協にクレームが入ったのです。
「お客さまに届いた商品が腐っている! どういうことだ!」
調べると、店頭に並べられた夕張メロンが届け先に到着するまでになんと一週間もかかっていることがわかりました。夕張メロンの特性上、そんなに長く品物をもたせることはできるはずがありません。農協はデパートに提案しました。
「私たちのところから、直接お客様に送らせてもらえませんか」
いわゆる“産地直送”です。今日では当たり前に行われていることですが、当時は前代未聞の流通方法。デパート側は当然難色を示しました。「売る側の責任として、品物も見ずに売るなんてそんなことはできない。ましてやギフト用の高級商品です」
販売側としてもっともな反応です。しかし、夕張メロンを間違いなくお客様に届けるためには、この方法しかありません。農協職員は意を決して言いました。
「では、検査場にきてください。一度、私たちの検査を見てください」
昭和53年5月14日、午後1時。緊張に包まれた選果場に、デパートの担当者たちがやってきました。
ほどなくして検査が始まりました。ベルトコンベアの上を、箱に入った夕張メロンが次々と流れてきます。検査員は目の前に流れてきた箱の中から、1玉を手にとりました。十分な品質の夕張メロンに見えました。
ところが次の瞬間、検査員はその夕張メロンにためらいなく包丁を入れたのです。目の前の光景に、デパートの担当者はことばを失いました。しかし、それすらほんの序の口でした。その後も、次から次へと夕張メロンは切られていったのです。
ネット不足、熟し具合、すべてにおいてわずかでも基準に満たないものは容赦なく廃棄されました。見た目は合格でも、少しでも品質に疑いのあるものは切られ、糖度をチェックされます。品質への強い責任感、夕張メロンを手にするお客様に対しての誠実な姿勢。言葉で説明するよりも、その光景が雄弁に出荷体制の確かさを物語っていました。
担当者は確信しました。これならば、間違いのない商品をお客さまの手元に届けられる、と。
昭和54年、日本初の産地直送がスタートしました。こうして夕張メロンは、北海道の名産品のみならず、日本の夏の風物詩として広く認知されるようになっていったのです。






石炭なき後の夕張の街を支え、「赤いダイヤ」とまで呼ばれるようになった夕張メロンこと、品種名「夕張キング」。実は、品種の研究はいまだに続いています。しかし、「夕張キング」を超える新品種は現在も誕生していません。夕張メロンは、まさに天の恵みといえる産物だったのです。
ただ、独自の品種だけに、生産方法も確立されていませんでした。すべてをゼロから構築するだけでも大変なのに、「夕張キング」は非常に栽培の難しい品種。現在のように安定した産量と品質を保って出荷できるようになるまでには、並大抵ではない努力が重ねられてきました。露地栽培からハウス栽培への移行、日本で初めてのミツバチによる交配の導入。栽培方法は現在も進化し続けています。
その中で、「日本一厳しい」と評される品質検査の方法は変わりません。検査に最新鋭の機械の導入を検討した時期もありました。しかし、メロンのおいしさは糖度だけでなく、食べたときの舌ざわり、香り、うまみなどさまざまな要素によって決まるもの。長年夕張メロンを吟味し続けてきた検査員の、全神経を集中させた検査に勝るものはなかったのです。

また、もうひとつ変わらないものがあります。それは、食べる人の笑顔を求めて努力を続ける生産者の姿勢です。夕張メロン組合の組成から50年を経て、農家の世代交代は進みつつありますが、あくまで生産農家139戸の目標は、「消費者がよろこぶ夕張メロンを作ること」。食べる人の顔を思いながら、1玉1玉に愛情を込め、創意工夫を重ねて夕張メロンを育てていくその姿は、創成期の農家の姿勢となんら変わるところがありません。
夕張の農家の熱い思いと高い技術が実らせる“極上のフルーツ”夕張メロン。その輝きは誕生から今日まで、そしてこれからもずっと、あせることなく受け継がれ、続いていくのです。





TOPに戻る




JA夕張市組合長が明かす“夕張メロンのおいしさの理由"

JA夕張市組合長が明かす“夕張メロンのおいしさの理由

多くの方の、夕張メロンを愛する気持ちに応えたい。その一心で、技術を進化させ、厳しい検査を行い、世界でただひとつのメロンを守り続けています。
 夕張市は周囲を山々に囲まれた、農業を基幹産業とする街です。なかでも夕張メロンは、北海道を代表する地域ブランドとして、昭和35年から生産が続けられてきました。 夕張メロンは「スパイシー」と「アールス」を親に持ちます。リキュールのような芳醇な香り、鮮やかなオレンジ色をした果肉を「スパイシー」から、コクのある甘み、そしてとろけるような食感を「アールス」から受け継いでいます。この品種を生み出したのは夕張の農家たちでした。専門家ではない人々が行う品種改良で、このように親の長所ばかりが子のメロンに出てくるというのはなかなかないことです。香り・糖度・食感の理想的な特性をすべて持って生まれた夕張メロンは、まさに「天の恵み」というべきメロンだと私たちは自負しています。
  夕張メロンは夕張市の、夕張メロン生産農家のみが作ることを許される果物です。半年近く雪に閉ざされる地域特性などから、出荷は5月中旬から8月までの約3カ月間に限られます。それだけに稀少な味であり、多くの皆さまから「食べてみたい高級果物」、「もらったらうれしいギフト」という声をいただいています。地域限定生産のメロンが、今や「日本を代表するメロンブランド」にまで成長し、高級感のあるギフトとして人気を集めるようになったことは、本当にすばらしいことだと感じております。
 夕張メロンの栽培には3つの要素があります。空気と水、そして光です。温度管理、光量・水分量の調整などは毎年の作業ですが、何度くりかえしても毎年毎年が勉強です。しかし、「さらにおいしい夕張メロンを」との思いは強まるばかりです。それは、夕張メロンを楽しみに待ってくださるみなさまがいるから。夕張メロン2011年には北海道の発展に貢献した団体に贈られる北海道功労賞を知事から授与されました。農業分野での受賞はこれが初めてです。また、2015年には地理的表示(GI)の第一号として登録されました。夕張メロンという作物への、地域からの期待の大きさもひしひしと感じています。北海道内外の夕張メロンファンのみなさまの期待に応えられる味をこれからもお届けするべく、一丸となって生産に励み、厳格な品質基準を守り続けなくてはとの思いを強めています。 夏を彩るギフトに、またご家庭でのデザートとしても、私たちが自信を持っておすすめする夕張メロンをぜひご利用ください。

夕張メロン そのおいしさの秘密

親の長所を受け継いだメロンの王様“夕張メロン”になるのは狭き門
門外不出で守られてきたブランド夕張メロンのおいしさを多くの人に
地理的表示(GI)第一号


親の長所を受け継いだメロンの王様
 夕張メロンの品種名は「夕張キング」。夕張キング一代雑種としての特性を利用し、交配に使用された親の優れた性質を受け継いでいます。その風味や食感は、最先端のバイオ技術でもまねることのできない独特のもので、他の赤肉系メロンとは全く異なる深い味わいが、夕張メロンのおいしさとなっています。
親の長所を受け継いだメロンの王様

門外不出で守られてきたブランド
 夕張メロンは夕張市でしか生産することを許されていません。原種は厳重に保管され、採種から生産まで一元管理されています。「北海道で生産される赤肉メロンは夕張メロン」と思われがちなのですが、夕張メロンとなる夕張キングは夕張市だけが持つ品種であり、他の地域で生産されることはないのです。
夕張市だけが持つ品種

“夕張メロン”になるのは狭き門
 夕張メロンの味が、期待を裏切らない理由。それは、厳しい品質基準に基づいて、一つ一つ検査されているから。すべてのメロンがJAに出荷され、いくつもの基準をクリアしたものだけが、夕張メロンを名乗ることを許されるのです。見た目がやや劣ったり、小さなキズがあったりといった理由で規格外となったメロンは出荷されず、加工原料として活用されています。
“夕張メロン”になるのは狭き門

地理的表示(GI)に登録されています
 GIは地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質や評価を獲得している農林水産物・食品等の名称を知的財産として、品質とともに国に登録できる制度です。夕張メロンは平成27年12月22日に、第一号として登録されました。
地理的表示(GI)に登録されています

夕張メロンのおいしさを多くの人に
 今や高級な果物の代表とされる夕張メロンですが、品種開発当時は「大衆メロンを」という発想でした。それだけに、なるべく多くの人に夕張メロンを味わってもらいたい、というのが願いでもあります。JA夕張市の直販サイトなら手数料などがかからずリーズナブル。とれたての新鮮な夕張メロンを直送します。同梱のしおりを参考に、おいしく召し上がってください。ちなみに、ツルが付いているのは高級メロンの証。もちろん、夕張メロンはすべてツルが付いた状態でお届けします。
夕張メロンのおいしさを多くの人に


生産者が語る“夕張メロンの魅力”

TOPに戻る




生産者が語る“夕張メロンの魅力”

生産者が語る“夕張メロンの魅力

愛情をたっぷり注がれて育つ他ではまねのできない特別なメロン

手間ひまかけて大切に育てられる夕張メロン
 夕張市では昭和35年から、夕張メロンの栽培に取り組んできました。同年に「夕張メロン組合」が設立され、以来、夕張メロンを手がける全生産者が共同体制を築きながら、品質の高いメロンづくりをめざしてきました。現在、夕張メロン生産農家は130戸ほどで、若手生産者の比率が高くなってきているのが近年の特徴です。
 私は24歳で家を継ぎ夕張メロン生産を始めましたが、「50年以上にわたる試行錯誤、努力、技術開発や設備投資の上に自分たちがいるのだ」という思いは年々強まっています。だからこそ、このメロンをつくることの重み、責任も感じます。代替わりが進む今、先人たちが経験を通して磨いてきた技術を確実に継承することは、夕張メロンの未来のためにとても重要です。その一方で、長期にわたる生産の中で、生産環境の変化に対応できる新しい技術開発の必要性も生まれています。これから先も品質の高い夕張メロンを作り続け、さらに次世代に引き継いでいくために、いっそう生産者同士の結びつきを深め、技術を向上させながら生産にあたりたいと思っています。
 夕張メロンほど、リピーターの多いフルーツはほかにないんじゃないでしょうか。消費の傾向は近年大きく変わり、ギフト利用だけでなく、「プチ贅沢品」として自分のために夕張メロンを購入される方も増えました。しかし、おいしい夕張メロンが毎年、ファンの方に確実に届くことが一番大切なのは、今も昔も変わらないことです。作物ですから日々の作業に気を抜くことはできません。とにかく手遅れのないよう、1玉1玉に気配り、目配りをして、愛情を込めて育てるのが私のモットー。ブランドの歴史と価値を胸に、これまでと変わらず「食べて、おいしいと思ってもらえる夕張メロン」を届け続けるため、安定生産に励んでいきたいと思っています。

手間ひまかけて大切に育てられる夕張メロン

夕張の自然が育む濃厚な甘さ交配はミツバチが大活躍
おいしい夕張メロンは土づくりから夏にしか味わえない旬の味
一つ一つ、手間と愛情をかけて


夕張の自然が育む濃厚な甘さ
 果物の甘さをつくるのが、寒暖の差。夕張は標高が高く、山に囲まれた山間地のため、昼と夜の温度差が大きくなります。また、土地は水はけの良い火山灰土であることも、おいしい夕張メロンができる条件となっています。

おいしい夕張メロンは土づくりから
 夕張メロンは、天候に影響されずに品質を揃えるため、ハウス内で栽培されています。ハウス栽培とはいえ、土づくりが大切なのは同じこと。夕張では、メロンの収穫が終わると半年以上土を休ませ地力を蓄えさせるようにしています。これが何十年も品質の高い夕張メロンを作り続けてこられた理由なのです。

一つ一つ、手間と愛情をかけて
 夕張メロンは、種まきから出荷まで、1日も欠かさず深い愛情をかけられて育ちます。例えば1つの株になるメロンは3~4個に絞られ、残りは小さな果実の段階で摘み取ります。実が膨らんできてからも、きれいなネットがかかるように工夫され、一つ一つ品質を見極めながら出荷されます。

交配はミツバチが大活躍
 果物や野菜の交配にはミツバチの存在が欠かせません。夕張メロンの栽培には、昭和40年代からミツバチが導入されました。人の手で交配するより確実でむらがなく、またできたメロンの味わいも違うため、現在はすべての生産者がミツバチの力を借りています。

夏にしか味わえない旬の味
 近年は多くの果物が通年で味わえるようになっていますが、夕張メロンが出荷されるのは5月から8月までの期間限定。そのため旬がはっきりあり、「夕張メロンは、贅沢な夏の味」というイメージが定着しています。




JA夕張市組合長が明かす“夕張メロンのおいしさの理由

TOPに戻る


夕張メロンの食べ時・食べ方

夕張メロンの食べ時・食べ方

食べ時の判別方法
食べ時の判別方法
 夕張メロンは、収穫時は灰緑色をしていますが、時間とともに色が変化していきます。
緑黄色・黄色へと変化し、独特の香りが強くなってきたら
食べ時です。
夕張メロンは、1~2日とかなり短期間で完熟しますので、お手元に届きましたら、すぐに箱を開けて熟し具合を確認してください。



おいしい食べ方
おいしい食べ方


TOPに戻る



夕張メロンのすべてがわかるキーワード集

夕張メロンのすべてがわかるキーワード集



甘さの秘密
夕張メロンの持ち味は、とろけるような食感と香り高い芳香。実は、果物を食べたときの味わいは、この食感が大きく左右してきます。果肉がやわらかいと糖度が高く感じられるため、夕張メロンは実際の糖度よりもプラス2度ほど甘く感じるのです。
一代雑種
系統の違う親を両親として生まれる品種を一代雑種と呼びます。多くの場合、一代雑種は両親の優れた性質をその一代に限り発揮する、という遺伝特性を持っています。夕張メロンは一代雑種です。
一元管理
夕張メロンの生産は、すべて計画的に行われています。前年に生産量を決め、月ごとの生産量を割り振るなど、生産者の組合とJA夕張市が一体となって夕張メロンの品質維持を図っています。
親の性質
夕張キングは、父「スパイシー・カンタロープ」の持つ「赤肉・芳香」といった特長と、母「アールス・フェボリット」の「美しいネット・高い糖度・日持ちの良さ」といった特長を受け継いでいます。




加工原料
果肉の食感を生かしたゼリーや、フルーティな香りが広がるジュースの原料などに使われています。最近は、夕張メロン風味のスイーツが増え、おみやげとしても人気を集めています。
火山灰土
農地の大半が、樽前山系の火山灰に覆われています。もともとの地力が少なかったため、より収益性の高い農作物への転換をめざして、夕張メロンの栽培が始まりました。
厳しい品質基準
夕張メロンには細かな出荷規格があり、特に「共撰メロン」に区分される優秀なメロンには「特秀・秀・優・良」の4段階の等級とそれぞれの規格が設けられています。規格は糖度や重量、ネットのかかり具合、色などによって選別されます。
共撰メロンと個撰メロン
「共撰メロン」もしくは「個撰メロン」の規格に合うものが夕張メロンとして認められます。「個撰メロン」とは「共撰メロン」の規格は満たさなくても味は劣らない、という夕張メロンのことで、価格はややリーズナブルです。

原種の保管

原種とは栽培用の種子をとるために育成された種子のこと。原種だけでなく採取された種子も、すべてJA夕張市の建物内の一室に保管されています。





産地の標高
農業の中心地である夕張市沼ノ沢地区で標高175メートルと高く、年間平均気温は約6度と低めになっています。
しおり
夕張メロンには、おいしく召し上がっていただくためのポイントを紹介したしおりが同梱されています。食べ頃の見分け方や保存方法、おいしい食べ方などが詳しく解説されているので、ぜひ参照してください。
出荷は5月から8月までの期間限定
シーズン中の約3カ月間、安定して出荷できるように、生産者は少しずつ日をずらしながら栽培しています。生産者が連携して出荷調整することで、市場ニーズに応えています。
旬の味
食べ物の旬が失われつつある今、口に入る時期が限定される果物は稀少になっています。旬の夕張メロンを食べて、夏を感じてみてはいかがでしょうか。




小さな果実の段階で摘み取る
花が落ちて、雌花の根本が膨らんできたところで、一つ一つ選別されます。どれがおいしい実に育つかを見極めながら、素早く手で摘み取ることが、メロンの株にストレスを与えないコツです。
地力を蓄えさせる
半年間、土を休ませている間に、緑肥をまいたり、土の栄養となる有機物を入れたりしながら、土の力を高めています。
直送形式が安心
JA夕張市の撰果場から、収穫されたばかりのメロンをスピーディに発送します。夕張メロンの場合、熟するスピードが速いため、直送形式の方がより安心です。
土づくり
同じ作物を同じ土地で作り続けると、作物に病気などが出やすくなる「連作障害」が起こります。夕張では、土地を休ませながら土づくりを行うことで、連作障害を防ぐという知恵が受け継がれています。
ツルは高級メロンの証
ツルが付いているのは高級メロンの証です。また、鮮度を見分けるポイントにもなります。ツルが青くピンと張っていて、切り口がシャキッとしているのが、新鮮なメロンの目安とされています。




始まりは庶民の味
当時「高級」とされた青肉のネットメロンを、身近な庶民の味にしようとして開発された夕張キングですが、品質の高さと希少性から、今では最高級メロンともいわれるようになりました。
冬は土を休ませる
北海道では、雪の降る期間はハウス栽培が休みになります。こうしたデメリットを逆に利用して、半年間じっくりと休ませることで、翌年もおいしいメロンを育てることができます。




実の数は3~4個
メロン1株につく実の数は3~4個に制限されています。制限することで、より甘みと香りの強い夕張メロンが育ちます。
磨き
出荷時期は毎日メロンを見ている生産者の厳しい目で決まります。収穫されたメロンは、きれいに水洗いした後に表面をていねいに磨かれ、美しい姿で出荷されていきます。
ミツバチ受粉
人の手で交配を行っていた時期もありましたが、ミツバチによる自然受粉の方が効率が高いことから、昭和40年代にミツバチ受粉に切り換えられました。




夕張キング(品種名)
父親が「スパイシー・カンタロープ」、母親が「アールス・フェボリット」という品種交配によってつくられ、昭和36年に「夕張キング」と名づけられました。
夕張メロンの「資格」
夕張メロンの資格を得るのは、夕張市内で育てられた「夕張キング」のみです。別の赤肉メロンを「夕張メロン」と称している場合がありますが、夕張メロンには保証票(シール)が貼られているので、必ずチェックしてください。


TOPに戻る



商品購入に関するQ&A


ご購入に際してのよくあるご質問をまとめました。
以下の内容以外のお問い合わせについては、こちら


注文・発送に関する質問
梱包・付属品に関する質問
入金に関する質問
商品に関する質問
  ●夕張メロンについて
  ●花豆について
その他の質問


注文・発送に関する質問

Q注文はインターネットのみでの受付ですか?
AFAXでのご注文もお受けしております。専用の注文用紙をダウンロード・印刷し、必要事項を記入して送信ください。
●夕張メロン用注文用紙
●ゼリー・煮豆・長いも用注文用紙

FAXでのご注文の場合、支払方法は銀行振込のみとなります。また、ご注文の処理に多少お時間がかかりますことをご了承ください。
FAXは濃いめのボールペンなどを使用し、楷書で読み取りやすくご記入ください。読み取りづらい場合は、お電話等で注文内容の確認をさせていただくことがございます。

注文用紙はPDFファイル形式となっております。ファイルを開くにはAdobe Readerが必要となります。
ソフトの詳細については以下をご覧ください。


Q

配達日指定はできますか?

A

夕張メロンにつきましては、予約販売期間は配達日の指定をお受けすることができません。配達日指定を希望される場合は、6月1日からの通常販売でのお買い物をお願いします。ただし、ご入金日から10日以降のお日にちに限ります。
「その他、ご要望記入欄」にご希望の日にちをお書きください。

Q

配達時間の指定はできますか?

A

承っております。申込画面でご希望の時間帯をご選択ください。
なお発送の都合上、午前中~16時までの時間指定ができませんのでご了承ください。

Q

できるだけ早く商品を受け取るにはどうしたらいいですか?

A

当店では入金確認後に商品発送を行いますので、まずは迅速なご入金をお願い申し上げます。決済方法では、クレジットカード決済がもっともスピーディーにご注文を処理できます。

Q

インターネットでの注文がちゃんとできたのかどうか、
確認する方法はありますか?

A

ご注文後の受付完了までの流れは以下の通りです。
●ご注文後 直後~数時間のうちに
「お買い物完了のご連絡」メールを当店よりご注文者様へ送信(自動送信)

●ご注文後 土日祝日を除く1営業日中に
「ご注文受付完了のお知らせ」メールを当店よりご注文者様へ送信
送料が発生する商品をご購入いただいた場合、このメールに記載されております金額でご入金をお願いいたします。

この2通が届いた時点で、ご注文受付が完了します。土日祝日を除き、3日たっても当店からのメールが届かない場合は、恐れ入りますがメールもしくはFAXでご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。

※メールアドレスに関するご注意※
以下の状況で、当店からお送りするメールが届かないケースが増えております。
[1]連絡先メールアドレスにフリーメールや携帯電話のアドレスを記入した場合
[2]メールソフトの自動振り分け機能を設定している場合
[3]セキュリティレベルを高く設定している場合

[2]の場合、ドメイン登録をすることで、確実にメールを受け取ることができます。お買い物前に「@ja-yubari-shop.jp」を受信可能ドメインに加えてくださいますよう、お願い申し上げます。[3]の場合も[2]と同様にドメイン登録をしていただくか、セキュリティ機能の一時的な解除をお願い申し上げます。

Q

お届け先が不在の場合どうなりますか?

A

いったん地元の配送店で保管され、再配達いたします。
(常温での保管となります、クール切替の対応はしておりません)
2~3日程度ご不在の場合は、ご注文者様に確認のご連絡を差し上げます。その後商品を転送する場合もございます。

Q

一度の注文で複数のお届け先に送れますか?また、海外にも送れますか?

A

複数のお届け先への注文を一度に行うことが可能です。ショッピングカートで、お届け先の情報をご入力し、商品を振り分けてください。なお、別途送料がかかる商品は、注文回数やお届け先の数に関わらず、商品ごとに送料が発生いたします。
海外への発送には対応しておりませんので、何とぞご了承ください。

Q

お届け先が多く、入力が大変なのでデータで送ることは可能ですか?

A

10件以上のお届け先に贈られる方はエクセルにておまとめ注文いただけます。
「購入者の住所へ送る」を選択いただき、お届け先データを info@ja-yubari-shop.jp まで送信ください。
詳細につきましては、おまとめ注文フォーム(エクセルファイル)をご確認ください。
おまとめ注文フォーム

Q

キャンセルしたい時はどうすればいいですか?

A

当店までメールもしくはFAXにてできるだけ迅速にご連絡ください。
ご入金後のキャンセルは原則として受け付けておりませんので、注文内容をよくご確認の上ご注文くださいますようお願い申し上げます。

▲戻る


梱包・付属品に関する質問

Q

のしは付けられますか?

A

無料でおつけしております。購入画面でお選びください。
▲戻る


入金に関する質問

Q

銀行振込の振込用紙は郵送されてくるのですか?

A

振込用紙の郵送はいたしておりません。各金融機関の備え付け用紙をお使いください。

Q

請求書は郵送されてくるのですか?

A

通常、請求書の郵送はしておりません。「ご注文受付完了のお知らせ」メールが届いた時点で銀行振込の場合はお振込をお願いします。クレジットカード決済の場合はメール送信後、当店での決済処理に入ります。
請求書の郵送を希望される方は、当店までメールまたはFAXでご連絡ください。

Q

振込手数料はかかりますか?

A

金融機関所定の費用が必要になります。大変申し訳ありませんが、振込手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

Q

振込人の名義と注文者の名前は違っていても大丈夫ですか?

A

お名前が異なる場合、ご注文者様の特定ができなかったり、発送までに時間がかかる場合がございます。できる限り一致させていただきますようお願い申し上げます。どうしてもお名前が異なる場合は事前にメールかFAXで当店までご連絡ください。

Q

使用可能なクレジットカードの種類を教えてください。

A

以下のクレジットカードが使用できます。カードによっては1回払いのほか、分割払いやリボ払いも可能です。ただし、お客様のクレジットカードのご事情で、分割払い・リボ払いをご利用いただけない場合もございます。


Q

代金引換で購入できますか?

A

大変申し訳ありませんが、代金引換でのご購入には対応しておりません。何とぞご了承ください。

▲戻る

商品に関する質問

夕張メロンについて


Q

メロンが縦長に感じるのですが、品質に問題はありませんか?

A

夕張メロンはやや縦長の楕円形が一般的なかたちです。安心してお召し上がりください。


Q

販売期間はいつまでですか?

A

例年、6月初旬から7月末頃までとなっております。ただし、天候や気温により若干の変更が生じる場合がございますので、余裕をもってのご注文をおすすめしております。


煮豆について


Q

販売期間はいつまでですか?

A

通年となっております。


Q

賞味期限・消費期限はありますか?

A

缶ぶたに記載されておりますので、ご確認ください。開封後は別容器に移し、冷蔵庫で保存してできるだけ早くお召し上がりください。

Q

商品を箱なしやバラで買うことはできますか?

A

誠に申し訳ありませんが、箱なしや、セットをバラしての販売はできません。何とぞご了承ください。


▲戻る

その他の質問

Q

領収書が欲しいのですがどうすればいいですか?

A

購入画面で領収書欄の「必要」をお選びください。
入金が確認され次第、ご注文者様宛に郵送でお送りいたします。ご注文のお品物とは別送になります。お品物より先に領収書が到着する場合もございますのでご了承ください。
なお、短期間で複数回にわたり同一のお客様からご注文をいただいた場合、領収書をまとめて送付させていただく場合もございます。


▲戻る


TOPに戻る



夕張メロン一覧

Heading

  • producttitle1 productshape1

    美しい長円形・ネットのきめ細やかさなどが夕張メロンの特徴です。
    夕張市農協検査場で規定の項目を厳しくチェックし、検査に合格した
    メロンのみが「夕張メロン」のブランド名で出荷されます。
    特秀・秀・優・良の4等級があり、当店では秀・優・良を取り扱っています。

  • producttitle2 productshape4

    特秀・秀・優・良の4つの等級があります。生産者やJA職員の中から選ばれた
    熟練の検査員が、以下などいくつかの基準を総合し等級を決めます。
    ・早もぎ、もぎ遅れではないか
    ・ネットの張り、盛り上がり、密度の度合い
    ・きれいな長円形かどうか
    各等級とも、味に間違いのないものを選んでおりますが、容姿がよく適期に収
    穫した ものほど、おいしい傾向にあります。

  • producttitle3 productshape2

    夕張メロンは果肉が非常に柔らかく、とてもジューシーです。その分、熟すス
    ピードが他品種のメロンに比べかなり早い
    のが特徴です。商品到着後はすぐに
    箱から出し、同封の「食べ頃ガイド」をご参照の上、熟度の確認
    をお願いします。 ギフトでお送りする場合は、おいしいタイミングを逃さずに食べて
    いただくために、ぜひお届け先に一言添えてくださいますようお願いします。

  • producttitle4 productshape3

    夕張メロンは農産物なので、お天気等の影響により、日によって出荷量が変わ
    ます。このため、注文から発送までお時間をいただくことがあります。
    また、父の日前後やお中元シーズンは注文が殺到し、到着日指定をお受けでき
    ない場合があります。何とぞご了承ください。

  • producttitle5 productshape5

    GIは地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い
    品質や評価を獲得している農林水産物・食品等の名称を知
    的財産として、品質とともに国に登録できる制度です。夕
    張メロンは平成27年12月22日に、第一号として登録され
    ました。 norinicon1

沖縄県への発送は別途送料がかかります。
(離島への発送は誠に申し訳ございませんが、お受けしておりません)

※商品の送り先への在宅確認は行っておりません。

お手数ですが、ご依頼人様からのご連絡をお願いしております。
配達ご希望のお日にちやお時間はご要望欄などで承っております。

夕張メロン




夕張メロン セット商品         

約2kgサイズ


北海道産の花豆



夕張メロンで有名な夕張市には、ほかにもさまざまな名産があります。そのひとつが紫花豆です。豆は、昼に光合成で作り出した糖分を、夜に実に蓄えます。夜の気温が高いと豆は夜間に糖分を消費してしまいますが、夕張は昼夜の寒暖差が大きい時で10度以上にも及ぶため、夜間の糖分の消費が抑えられます。だから、糖度の高いおいしい豆ができるのです。
北海道産の豆を(株)北沢食品工場が創業以来変わらぬ製法で煮込んだのが「花豆甘煮缶」です。
使用するのは北海道産ビートでつくるグラニュー糖と塩のみ。添加物は一切使いません。素材の味を生かすため、甘さは控えめ。ほくほくとした食感、豆そのもののやさしく上品な甘みを楽しめる、シンプルながら奥の深い煮豆は、おかずにも酒肴にもおすすめです。

JA夕張市ネットショップでは、紫花豆をはじめ、北海道産の豆を使った煮豆を全部で6種ご用意しました。ご自宅用に、ギフトに、お好みのセットをご利用ください。





TOPに戻る



ページトップへ